<一番人気>鮭といくらの釜めしレシピをご紹介

送料無料 7,000円以上のお買上で送料無料

ギフト対応 詳しくはこちらから >

<一番人気>鮭といくらの釜めしレシピをご紹介


<一番人気>鮭といくらの釜めしレシピをご紹介【GOSHIKIオンラインショップ店】



いつも鰻と釜めしのお店
GOSHIKIオンラインショップを
ご利用いただきまして
誠にありがとうございます。

羽釜をもっと普段から使いたい、というお客様のお声を受けまして、
本日は当店の釜めしをご家庭で簡単に再現するためのレシピをご紹介いたします。
当店の一番人気 鮭といくらの釜めし
ほんのり優しく香るバターを隠し味に
お子様に大人気の鮭といくらを使った相性抜群の釜めしです。
シンプルな材料で、簡単に作れる極旨レシピです。
材料
・米…115g
・サーモン…2切(1切30gほど)
・バター…5g
・いくら…お好みの量
・水…144cc

 <調味料>
・醤油…3cc(色づく程度)
・塩…1.5g(お吸い物より少し濃い味付け程度)
・和風顆粒出汁…小さじ2/3
作り方
①米は研いだ後、30分浸水させたものをザルに上げる。
※乾燥した状態で115gの米を使用してください。
②鮭の表面を少々焼く。
バーナーをお持ちでない場合は、グリラーで強火で焼くか、温めたフライパンで短時間で焼き目を付けてください。
③水と<調味料>を合わせ、釜めしの出汁を作る。
④羽釜に米、釜めしの出汁を入れる。
⑤バター、鮭を上に置き、炊く。
⑥炊きあがったら、すぐに軽く混ぜ、3~5分蒸らす。
⑦お好みの量のいくらを添える。三つ葉も添えると色合いが更に良くなります。
ポイント
・鮭は焼くことで臭みが消えます。

・炊きあがり、すぐに混ぜることで、ごはん全体が均等に仕上がります。

・バターの量を増やすと、よりマイルドになります。お好みの量をご使用ください。
GOSHIKIの鮭といくらの釜めし
ご家庭で作る釜めしとの違いは何と言っても「出汁」
雑味が出ないように、かつ、旨味を最大限に引き出せるように火加減を調整しながら、
根昆布は前日より半日かけてじっくりと、鰹節は少しだけ沸き立たせて
当店では出汁を取っています。

もちろん、市販の顆粒出汁が美味しくない訳ではございませんが、
職人の技術が詰まった本格的な出汁で炊く釜めしは格別です。

GOSHIKIの釜めしはこちらからご注文可能です。
Image Caption
おうち釜めし用【鮭といくらの釜めし】1食分
1,200円(税込)
Image Caption
 
■リピーターはこちら■おうち釜めし用選べるお替り具材1合分×5食セット
4,900円(税込)
GOSHIKIオンラインショップ SNSアカウントのご案内

各種SNSでも最新の情報をご覧いただけます。ぜひこの機会にご登録くださいませ。